Blog

2012.5.28
おくるみ

ぐっすりさん 
赤ちゃんが泣いてばかりで、寝かせるのが大変です。抱っこして寝たと思ったらもう授乳の時間。生まれて小さい時期のお母様がよくお話されます。お教室では、バスタオルにしかっりと赤ちゃんをくるんで、抱っこをしばらくしながらお話をすることがありますが、いつの間にかぐっすりさん。気持ちよさそうな寝顔を見ながら、ティータイム。寝顔もにこっとしたり、眉間にしわができたりとちょっとした表情にも和んで、赤ちゃんがもぞもぞ動くと手が出たりとタオルがはだけてもぐっすり。その間、お母様は育児のいろいろなお話をされます。もちろん、ママも穏やかな表情で。

おくるみにもコツがあります。ちなみに、けいくんのママは「みのむしさん」と呼んでいます。バスタオルできっちりと赤ちゃんを巻くことで、手足がばたばたせず、ママに抱っこされているような、子宮の中にいたときの安心感につながることで眠りにつくようです。くるみ方の実際をして、ママの心臓の鼓動が聞こえるように抱っこしてもらったり、ゆっくりゆらしてあげたり。
けいくんはパパがお教室に一緒に来てくれたときに初めてやってみました。パパはとても上手でした。お家では、ママがみのむしさんにすると、パパが寝かせてくれるそうです。ママは家事ができて助かりますね(*^_^*)

バスタオルにしっかりと巻かれて寝ているけいくんは、4月6日のブログをご覧ください。(ブログを始めて、2つ目の日記です。)

この記事どうでしたか?7人の方が拍手しましたよ。
インファントマッサージ教室