Blog

2012.7.7
はじめてのインファントマッサージ教室

ママのマッサージ
5年前のH19.7.9は、インストラクターになってはじめてのお教室を行った日です。資格取得しても、産科勤務が忙しく、お教室を始められずにいました。そんなとき、退院したお母様が赤ちゃんを連れて、当時働いていたクリニックに授乳相談に来院しました。そのときに担当したのが、きっかけでお教室をすることになりました。「赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれなくなりました。ミルクも飲まなくて。」と。なんでだろうね?とお話をしていると、お母様が気づきました。「肌着は着せてないんですか?」と聞いたあと、「暑いと思って、服1枚にしました。それから、おっぱい吸わないです。」と。赤ちゃんのお腹は汗をかいて、触るとひんやり。ママは、「いつもぽかぽかのおなかなのに、肌着をやめたからかも。」「引っ越してきての出産、育児で、赤ちゃんとの過ごし方も不安です。」と。そこで、「赤ちゃんマッサージをご存じですか?」と勇気を出して尋ねました。「雑誌やテレビで知ってます。興味あってやってみたいと思ってました。毎日赤ちゃんと二人でパパが帰ってくるのを待っていて、どう過ごしたらと思っています。」と。そして、訪問希望でお教室をすることになりました。私のぎこちない進行にもがんばってマッサージの時間を楽しく過ごしていただけました。もちろん、おっぱいもおいしそうに吸ってくれるようになりました。忘れられないお教室となりました(*^_^*)

そして、今年の7月9日も忘れられないお教室となりそうです。
1人目、2人目もインファントマッサージ教室受講。3人目も受講予約をしてくれました。写真のお子様は上のお姉ちゃん。MISP教室の様子です。そのときママのお腹にいた赤ちゃんが今回生後4か月でお教室に来てくれます。またまた楽しい、癒されるマッサージの時間を過ごしましょうね♪

この記事どうでしたか?4人の方が拍手しましたよ。
インファントマッサージ教室