Blog

2013.1.23
パパも一緒にインファントマッサージ教室

パパの抱っこでねんね
SWEETNESSでは現在、1組での受講がほとんどです。パパも一緒に受講される親子もいらっしゃいます。

赤ちゃんとの触れ合いが大切なのは分かるけど、どうやって触れ合えばいいのか触れ合い方を覚えたい。妻が教室の話を楽しそうにするから一度教室の様子を見てみたくて。 など。

当教室周辺の裾野市、三島市、長泉町なども、引っ越しをして初めての子。パパもママもはじめてづくしの育児。お友達づくりもこれから。実家は遠い。ママは昼間赤ちゃんとずっとお家、話し相手がいない。パパの帰宅時には赤ちゃんは寝てる。パパもママも疲れていればお互い聞いてほしいことも話せない。。など、
核家族で孤独な育児になりがちな要因が多くなっています。

インファントマッサージ教室は、先生が赤ちゃん。だから、パパもママも赤ちゃん先生からたくさんのことを教えてもらっています。楽しい時間を過ごしながら、優しい笑顔、優しい気持ちになっていっぱい触れ合って抱きしめて。パパとママがお話していると、赤ちゃんがにこにこ見ていたり、不思議そうに聞き入っていたり。ママがあったかいお茶を飲んで、パパが赤ちゃんを抱っこして。ごきげんさんで、かわいい赤ちゃんにいっぱい話しかけては写真撮ったり。マッサージ以外でもお教室の時間を楽しんでいってくださいます。

4回コースなので、教室の雰囲気にもお互い慣れてきて、ちょっと気になることを質問できたり、こんなことあってと話せたりして、「がんばりましたね。」「それでいいんですよ。」「同じ悩みを聞きますよ。」「気づいてあげられたんですね。」「大変でしたね。」「良かったですね。」といろいろ声をかけさせていただいています。そして、なんといってもインファントマッサージで赤ちゃんが全身で、「パパ、ママ大好きだよ。うれしいよ。大丈夫だよ。」と伝えてくれていると感じたとき、穏やかな気持ちになれて、癒されているようです。隣にいる触育指導師(インストラクター)も、優しい気持ちにさせてもらいます。ママはもちろん、パパも興味があって、気になってという方もぜひお教室にいらしてください。お待ちしております。

写真の赤ちゃんとパパは、マッサージが終わって、お洋服を着てから寝ぐずさんになった赤ちゃんをパパが抱っこして、小さな声で内緒話のようにお話してぐっすりさんになった写真です。小さな声は心に届きます。パパの「マッサージ頑張ったね。ありかとうね。」が赤ちゃんに届いたんでしょうね。パパはお仕事が忙しくて、寝顔を見ることが多いそうです。お休みで来ているお教室の時間は、積極的にミルクや抱っこをしていっぱいお話されていました。短いけれど、とっても大事な時間になっているようでした。
インファントマッサージでパパのぬくもり、ママのぬくもり、いっぱい記憶に残してあげてくださいね(*^_^*)

この記事どうでしたか?2人の方が拍手しましたよ。
この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。
インファントマッサージ教室