Blog

2012.5.30
ベビーマッサージとあえて言わないのは

ペーターにごあいさつ 
今日は2回目のお教室。お家では、マッサージの復習をしてきてくれました。お兄ちゃんが遊んでるブロックを持って今日もいっぱい動き回りながら、ママにマッサージさせてくれたね。お兄ちゃんはお家で、マッサージのオイルボトルを持って、ママのところに来て気に入ったマッサージを「もう1回、もう1回」と何回も(^^♪ 「ママにもやってあげる」と、気持ちよかったマッサージのお返しをしてくれたそうです(#^.^#)

インファントマッサージでは、赤ちゃんの「いいよ」のサインがあって始まります。そのなかで、泣いたら赤ちゃんの要求に応えてあげます。「泣いたら抱っこ」もインファントマッサージなんです。赤ちゃんを尊重し、受け止めてあげることが大切ですねとインファントマッサージ教室ではお話します。
赤ちゃんの時期が過ぎても、わが子とのコミュニケーション、触れ合い、穏やかな時間をインファントマッサージは作ってくれます。
「インファント」については、5月24日のブログもご覧になってみてください。

インファントマッサージから生まれる、親子の触れ合いエピソードはいつもほのぼのです(*^_^*) 来週のお教室もお母様からのお話が楽しみです♪

インストラクターはママとの触れ合い・絆を大事にしているので、赤ちゃんには触りません。お人形を使ってレクチャーします。私のパートナー「ペーター」は赤ちゃんに人気者のようです(*^^)v

この記事どうでしたか?7人の方が拍手しましたよ。
この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。
インファントマッサージ教室