Blog

2016.4.19
三つ子の魂百まで

ママとでんでん太鼓、たのしいね♪

ママとでんでん太鼓、たのしいね♪

みつめあって、ゆったり~

みつめあって、ゆったり~

腕のコロコロも好きだね!

腕のコロコロも好きだね!

お顔も上手、スッキリだね。

お顔も上手、スッキリだね。

お友だちとコロコロ~

お友だちとコロコロ~


午後クラス。インファントマッサージ教室、2回目。
お友だちと一緒にグループレッスンです。
おともだちより少し早く着いた赤ちゃん先生。
待っている間に、教室にあるおもちゃのでんでん太鼓で遊びました。
ママがでんでん太鼓の音を鳴らすと、何を気に入ってくれたのかな?
声を出して体を動かして、ママとでんでん太鼓を見ながらニコニコ楽しそう♪

今日も赤ちゃん先生とママたちの笑顔で和やかに始まりました。
お家でのマッサージの復習のお話から。
1週間の間、ほぼ毎日マッサージが出来たそうです。
「足のマッサージのコロコロポンとコロコロ~のマッサージがお気に入りです。」
「おふろのあとがマッサージしていいときでした。」
赤ちゃんのきもちを尊重して、アイコンタクト、コミュニケーションを大事に、覚えている範囲で復習。
触れること、触れられることに慣れるところから赤ちゃんペースでゆっくりと。
覚えれなかったストロークは今日の復習で再確認できます。
親子の絆を深めながら、ゆっくりじっくり愛情込めて触れ合いながらしっかり習得です。

職場復帰が少しずつ近づいていて、赤ちゃんと一緒にいられる時間は少なくなるため、その分、愛情をいっぱい注いであげたくて、インファントマッサージを覚えたいママ。
お友だちに誘われて、便秘がちだからマッサージ覚えたらお通じよくなるかなと。そのためのマッサージを覚えられたらと思っていたけれど、愛情込めて触れ合うことがとても大事なことなんだと初回の受講で実感。三つ子の魂百までと昔から言うし、愛情込めて育てるための触れ合い方を学んでいきたいママ。
それぞれ、我が子のために思いをお話してくださいました。

インファントマッサージ教室では、マッサージストロークの手法を覚えることが1番ではありません。赤ちゃん先生と共に学ぶ「触育」をします。
今日も触れ合いを通じて、赤ちゃん先生と触育しました。

2回目は、胸・腕・顔のストローク実践。足とお腹のストローク復習。
2組とも最後までできました!
ママと見つめ合うことが増えたり、マザーリングボイスに心地良いマッサージにニコニコ楽しそうにしてくれたり。ママも癒され、楽しくて嬉しくて♪
幸せホルモンあふれるあったかいインファントマッサージとなりました。
「マッサージしてもいいですか?」のサインも覚えてくれて、ママも赤ちゃんペースを大事に手が動いていきます。
足のマッサージでは歌を使います。ママの歌声にまったり聞き入ってくれて。こうやってママの声(人の声)を聴いて赤ちゃんの耳は発達します。
体・心・脳の発達愛情込めて触れ合う時間、働き始めてもお家で続けてあげることができます。
今日もしっかり素肌に触れて「マッサージさせてくれてありがとう」抱っこ♡
次回、3回目はお背中のマッサージ、ジェントルムーブメントです。
いっぱい触れ合って、いっぱい抱っこしましょうね(*^_^*)


3歳まで一緒にいられて育児ができたらいいのに。
赤ちゃんだって。赤ちゃんの願いはママと一緒にいること。
それでも職場復帰しなければというママは多いです。
「子供の育ち(発達)を保障」子供との関わり方を大事に! ですね。

インファントマッサージ教室修了のお母さまからのお話
「保育園に行く前の5分を作って、マッサージで愛情満タンにして1日が始まるようにしています。帰って来てからもお風呂の前やあとにマッサージ、私も落ち着けて頑張れます。」
「こどもの体に触れることで体調や心もあれ?と気づいてあげられる時間になります。」
「保育園に行く前の少しの時間、MISPのマッサージをします。子供もそれを楽しみに、忘れてると「ママ、忘れちゃったね」と言われるほど。元気よく行ってきます!になります。ちゃんと甘えてきてくれます。」


日本学術会議の報告より、
三歳までの間が脳・神経系や情緒、生活習慣の発達上重要な時期であるのは科学的事実」「最近では脳科学での研究から脳の可塑性、あるいはそれにつながる臨界期の存在などからも支持されている」

「三つ子の魂百まで」なんですね。

経済のものさしではなく、幸せのものさしで。
子供の発達の保障を。
インファントマッサージがそのツールとしてお手伝いいたします。

参考本、おすすめです!

参考本、おすすめです!

 

この記事どうでしたか?1人の方が拍手しましたよ。
この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。
インファントマッサージ教室