Blog

2014.1.18
初めてのMISP教室

MISP教室のストローク用のモデルやってます。

MISP教室のマッサージ用の    モデルをしています。     よろしくね(*^^)v

 


今日の午前クラス。MISP教室の初日でした。
4歳のお子さまとお母さまのプライベートレッスン。
今日は生後1か月をむかえる赤ちゃんも一緒。(パパがお仕事なので)

赤ちゃんが生まれてから、お姉ちゃんにも同じようにかまってあげたい、二人の時間をつくってあげたいと思っていても、赤ちゃんのお世話にママも忙しい。
「待っててね。あとでね。」になることも。。
お姉ちゃんが我慢していることはママもすごくわかっていて。。
赤ちゃんが生まれて、入院している時は、甘えたいけど、ママに近づかないで「ばいばい」と帰っていったり。。
そこで、ママはマッサージ教室のパンフレットに注目してくださいました。

赤ちゃんのインファントマッサージ教室も受講予定ですが、それよりも先にお姉ちゃんのためのMISP教室をまずは受講です。今日から4回がんばりましょう!

お姉ちゃんはママと一緒にマッサージのお教室に来ることをすごく楽しみにしているとお母様からお聞きしていました。 
「ママと一緒」「ママとふたり」がいいよね!うれしいよね!

初日のお教室。
初めての場所で、初めてのマッサージ。
ママから「マッサージしてもいいですか?」と目を見て言われて、恥ずかしくて、照れ隠しでママに触って、なんだか落ち着かなくて。。
でも、ママはYESサインを受け取るまで待ちます。子供のまなざしを追いかけて。そして、うん。とうなずいてくれました。
今日は3つのマッサージ。ママに触られて、「くすぐったい? 恥ずかしいんだよね。」とママは話しかけながら。楽しそう(*^_^*)
最後にママから「マッサージさせてくれてありがとう」には、ママを見て「どういたしまして」(#^.^#) 
マッサージのあとは、ママとおやつ。おもちゃでも遊んで。ママとの時間を過ごしました♡
今日は、恥ずかしくて、だったのでお写真は撮りませんでした。
来週は、お教室のお写真を撮らせていただこうと思います(^^)

お家では、大好きなママとほんとの二人きりで練習できます。お姉ちゃんとのマッサージ、今日から楽しみですね!


子供を尊重する、感謝する、のコミュニケーションを大事にしているMISPのマッサージ。日々繰り返し行うことで変化、効果を感じていきます。
子供の気持ちを尊重、子供のペースで進めていくのは、インファントマッサージと同じ。
恥ずかしくて、感情を言葉に表せなくても、その時の子供をまるごと受け止めて愛情いっぱいのマッサージをしましょう。
途中で「もういいよ」とNOサインが出たとき、遊びにママのところから離れていったとき、愛情満タン!自分には安全基地がある!と思ったときになるでしょう。
子供がマッサージをしてと求めてきたらそれに応えてあげましょう。
触れ合い=触れ愛が親子の絆を深めてくれて、安心して社会(幼稚園や学校)の中で元気よく過ごせるように(^O^)

関連記事: 2013.4.14 MISP教室 ママのマッサージはオキシトシンup
      2013.5.18 親がするのに意味がある
      2013.9.25 大好きなママからのありがとう







この記事どうでしたか?2人の方が拍手しましたよ。
この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。
インファントマッサージ教室