Blog

2012.5.25
触育

触育のおはなし 当教室では「触育」のお話を最終日にしています。食育はよく聞きますが、触育は耳にしない方がほとんどかと思います。
触は、手でふれること、さわることです。そして、触覚(皮膚の感覚)の触です。触覚は妊娠7週くらいに発達してきます。どの感覚よりも先に。そして、最期まで残る心に密着した感覚です。その触覚を育むお手伝いをインファントマッサージはしてくれます。
「触育」とは、肌と肌の触れ合いを通して人間的成長を遂げること。
触れ合うことの大事さ、意味の深さをインファントマッサージを通して感じていただきたいです。IAIM認定インストラクターの私たちは日本では触育指導師です。触育という言葉がインファントマッサージを日本に根付かせてくれたらと思います。

お話のときに使うフリップは、ママだけでなく、赤ちゃんもじーっと見ています。大人の私たちよりも一番真剣かも(^_^;)
カラフルな犬のおもちゃは、ピッピッ、カチカチの音が出ます。
お教室のあと、特にアンケート記入の時間に活躍してます。
カチカチの音は首を回して出る音です。わんこの首が1周すると、赤ちゃんが不思議そうにちょっとびっくりします(@_@) そのお顔がまた可愛く、ママがほほ笑むと赤ちゃんもにこにこ(#^.^#) マッサージのあとは穏やかな雰囲気が心地良いです♡

この記事どうでしたか?7人の方が拍手しましたよ。
インファントマッサージ教室