Blog

2014.3.3
赤ちゃんとのコミュニケーションにインファント

ママ、何が始まるの?

ママ、何が始まるの?

きもちいいの? あんよが上手に伸ばせるね!

きもちいいの?        あんよが上手に伸ばせるね!

「マッサージしていいですか?」のママの手、覚えてくれたかな?

「マッサージしていいですか?」のママの手、覚えてくれたかな?

 


今日の午後クラス。インファントマッサージ教室初日。
7カ月の赤ちゃんとお母さまのプライベートレッスンでした。

寒い日が続くと、赤ちゃんとお教室に通うことも悩みがち。
赤ちゃんはすくすく大きくなって、寝返りコロコロも上手になってと成長。
動き回るようになる前にとご予約いただいてすぐにお教室が始まりました。

雑誌や育児本、テレビ、お友だちや育児講座、いろんなところで「赤ちゃんとのコミュニケーションが大事ですよ! アイコンタクトしましょう! 触れることはいいことですよ! 赤ちゃんの気持ちに応えてあげましょう!」などと、多くの「赤ちゃんにいいこと」を見たり聞いたりしますね。
そのひとつにベビーマッサージも取り上げられ、「赤ちゃんにいいこと」なんだろうなとは思うけれど、どうやって??と思うお母さまは多いでしょう。初めての育児、これでいいのかな?と思うことばかりでは?

「百聞は一見にしかず」から、さらに「百見は一触にしかず」
赤ちゃんと触れ合うことで分かるインファントマッサージはまさにこれ!

ずっとやってみたかったというお母さま。
初日のお教室から赤ちゃんにいっぱい触れて、
初めての「楽しい!あったかい!」を感じて、
「こんな触れ合い方があったんだ!」と新しい感覚が!

赤ちゃん先生はというと、
初めてのお教室にキョロキョロ観察!観察!
インストラクターの私の顔もジーッと観察!
マッサージを始める前のお話の間もお話をママと聞いてくれているかのよう。
そして、いよいよマッサージへ。
お洋服を脱いで、オムツも外して。
裸の赤ちゃん先生。にこにこ☺のびのび。
裸でいる時間がこんなに長いのも初めてかな?

「足のマッサージしていいですか?」と、ママが赤ちゃん先生に許可をとるころからスタートです。
初めてのことに赤ちゃん先生は真剣顔。ママの手を一生懸命みつめてくれました。
そして、ゆっくりとしっかりとした圧をかけながらマッサージしていきました。赤ちゃんたちが一番得意な足。片足が終わって、反対の足をマッサージするときには、マッサージしやすいようにあんよをピーンと伸ばしてくれて、気持ちよさそうにしてくれて、ママもうれしくて楽しくて♪
あんよのコロコロコロ~は、赤ちゃん先生たちには大人気のマッサージストローク。ママに楽しいよ!を伝えてくれるかように、ニッコニコ☺になってくれましたね!

「おなかのマッサージしていいですか?」のときには、
ママの手を見て触って、ニコニコでYESサイン。お腹のマッサージも最後まで出来ました!
途中でおしっこも。リラックスも上手でしたね!

最後は、「マッサージさせてくれてありがとう」の抱っこ。
ぽかぽかすべすべの赤ちゃんを抱きしめて、感謝の気持ちを伝えます。

ずっとやってみたかったマッサージ、赤ちゃん先生と楽しく過ごせましたね。
これから、少しずつ覚えて復習を重ねて、赤ちゃんの心に耳を傾けてコミュニケーション上手になっていきましょうね。
お教室では、赤ちゃんに愛情込めて触れ合う=触れ愛をしていきます。
赤ちゃんがしてほしいことに応えてあげます。
赤ちゃんのペースを大事に、赤ちゃんと楽しいコミュニケーションを!(^^)!

次回(2回目)は、胸、腕、顔。足とお腹の復習です。
そして、マッサージのレクチャーだけではなく、「触育」のお話も。
お茶の時間でもゆったりお話できるといいですね(*^_^*)

関連記事: 2013.9.6 赤ちゃんの言いたいことわかってあげたい
      2013.11.21 触れ合いを楽しみたくて

この記事どうでしたか?1人の方が拍手しましたよ。
この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。
インファントマッサージ教室