Blog

2014.2.22
赤ちゃんは肌を離さず

だっこであんよのマッサージ、おとなしいね。

だっこであんよのマッサージ。  おとなしいね。

いっぱい歩くあんよのつま先まであったかくな~れ

いっぱい歩くあんよのつま先まであったかくな~れ

「くっついた」大好きなページ♡

「くっついた」大好きなページ♡



昨日の午前クラス。インファントマッサージのおさらい。

今月は、雪の影響でお教室のキャンセルがありましてお教室も、ようやく再開です。

毎月1回「おさらい」を続け、1歳をむかえてからも大好きなオイルボトルを持って、お母さまとお教室に通ってくださっています。
前日はお風呂のあとにマッサージ。途中で気持ちよさそうに寝ちゃったそうです(-_-)zzz ママのマッサージでねんね、お見事です!

今回もお部屋にあるおもちゃを持っては、よちよち歩いてつかまって。
小さな探検隊さんはお部屋をぐるぐる、元気にニコニコ☺楽しそう♪
お家では、足やお腹、お顔のマッサージができることが多いそうです。

ママも楽しみのインファントタイム。
裸になって、お背中もたっぷりマッサージ。
順番も進め方もママの工夫がいっぱいです!

じっとしていない、好奇心旺盛のこの時期。
インファントマッサージを始める1歳未満の赤ちゃんのころよりも、マッサージがなかなかできなくて。。と、肌と肌の触れ合いの時間が少なくなっているなぁ、触れ合うの大事だよな、と思ったそのとき、「インファントマッサージ」やってみてください。
久しぶりだな、やっぱりいいな、またマッサージしようね、と優しい気持ちになって、お互い癒され、心も体も落ち着く時間にもなるでしょう♪

ママが「オイルボトル」を見せると、どんなおもちゃより、にっこにこでママのところに駆け寄ってきてくれるかわいい愛おしい赤ちゃんの姿はすっごく微笑ましいものです(*^_^*)
さっきまでよちよち動き回っていた赤ちゃん先生も、マッサージされている時はおとなしく、集中できる姿も見られます。
インファントを続けているからこそなんだろうな、と赤ちゃん先生に教えてもらいました。

赤ちゃんを尊重。
親子の絆を深めることを第一の目的にしている。
赤ちゃんも覚えるマッサージ。
(インストラクターではなく)ママがするマッサージ。
模倣や簡略、省略されたストロークではない。
親子1組1組を大切にした少人数のお教室。
インファントマッサージには、世界に広まっている多くの要素があります。

赤ちゃんの時期が過ぎても、触れ合いのツールとしてずっと使っていけるインファントマッサージ。
インファントマッサージのプログラムは1歳未満の赤ちゃん用になっています。
赤ちゃんのときから、肌と肌の触れ合いがとっても大事なのです。
生まれたばかりの我が子に今だからできる、今だからしてあげたいと思うお母さまのお気持ちを大切に、インファントマッサージをお伝えしています。

今日は素敵なフレーズをご紹介します。

子育ての4つの「離さず」
赤ちゃんは「肌」を離さず
幼児は  「手」を離さず
小学生は 「目」を離さず
思春期は 「心」を離さず

なるほどですね!!

赤ちゃんや子供たちが、ママとの触れ合いがいっぱいのお教室を楽しく過ごしてくれます。そこにはママとの間に「肌」「手」を離さずがあるからなのでしょう。

マッサージが終わって、遊んだりおやつしたりの時間。
お家から大好きな絵本を持ってきてくれました。
こぐま社の「くっついた」という絵本です。
子供にとっても人気だそうです!
赤ちゃん先生の大好きなページは、ママとパパとくっついたの絵があるページ。
ママやパパに触れたい、触りたい赤ちゃんたち。
いっぱいいっぱいくっついて」あげたいですね(*^_^*)(*^_^*)
 

 

 

この記事どうでしたか?1人の方が拍手しましたよ。
この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。
インファントマッサージ教室