Blog

2018.3.10
3月3日の いちにち

先週の土曜日は、3月3日でした。

東京にて、国際インファントマッサージ協会(IAIM)日本支部定期総会 でした。
駅のケーキ屋さんでは、かわいいお雛さまのケーキがいっぱい!
総会は午後からですが、朝から東京へ。

午前は、実家が裾野市で、自宅は東京のお家に訪問でした。
上の子のとき、乳腺炎や分泌過多傾向で、お仕事とも両立する状況のなか、ご実家から通ってくださいました。私が東京に用事があるときには訪問ケアにも伺っていました。
そして、今回は弟くんが生まれて。出産してまもなくご実家に里帰りのときにケア。今回は私からご自宅に訪問ケア。母乳育児も順調とのことで、メンテナンス希望でした。状態は良好ですが、ケアをすると、ふわふわの状態に。「柔らかくなって軽くふわふわですね」のお言葉とホッとした笑顔に。

お姉ちゃんのときは、インファントマッサージもプライベートレッスンで行いました。弟くんにもやってあげたい。お姉ちゃんは今でも足のマッサージが大好き。
マッサージストロークを確認したいこともあり、実践することになりました。

おっぱいして、ちょっと寝て。
その間に、お姉ちゃんとママの触れ合いタイム。
MISPのマッサージを3つ。
「マッサージしていいですか?」には、恥ずかしそうにイヤ!って言ってから「いいよ」と笑顔。
「マッサージさせてくれてありがとう」の抱っこもいっぱいギューって、ママとの時間を過ごしました。
愛情ガソリン満タンになったかな?のお姉ちゃんは、弟くんのマッサージができるようにパパといっしょに遊んで待っててくれました。
ママは元気なお姉ちゃんの育児に毎日バタバタ。
弟くんには、待っててねと寝かしておくことが多いかも?と思うことも。
今日はいっぱいインファントマッサージです!
「マッサージしていいですか?」のママのお顔を見て、にっこにこ(^^)
足から順番にマッサージ。
お姉ちゃんも時々のぞきにきてはパパのところに。
赤ちゃんと1対1で触れ合う時間、愛情を注ぐ大切な時間。
オキシトシンあふれる時間、我が子を思うことを見つめる時間。
こうやって、インファントマッサージは親子の絆を深めてくれるツールになります。
「マッサージさせてくれてありがとう」の抱っこまで。
そして、待っていてくれたお姉ちゃんにも、「待っててくれてありがとう」と抱きしめて♡

穏やかな優しい時間があっという間に。

これから、弟くんも保育園に行く予定。
ママもお仕事が始まります。
母乳育児、インファントを通じて、愛情込めた触れ合いの時間を大切に頑張ってくださいね!

午前の訪問で、私にもきっと、たくさんのオキシトシン(^^)♡


インファントってやっぱりすごいな~ いいな~
と思いながら、午後の総会へ!

役員の皆さまにお目にかかれるのも楽しみに。
安心できて、笑顔に、元気になれる皆さまです!
インファントマッサージをよくよく知っている、思いが同じ方向に向いている方たちとお話できるのが嬉しく、明日への活力になりました。

時代の変化とともに、協会もどうしていこう?を真剣に。
インファントマッサージ教室を始めた頃は、「何の教室?赤ちゃんにマッサージしてくれるの?」みたいな。。最近は「知ってる!ベビマでしょ? ちょっとやったことあるし。」と、マッサージのやり方だけが一人歩き?と思うことも。
トレーナー、インストラクターのそれぞれの思いも語る時間となりました。

協会は20周年を迎えます。
シンポジウムの企画にもIAIMらしく丁寧に進めている熱意がかっこいいです!

親子の絆を深めるツールのインファントマッサージ
IAIMの基本理念である「赤ちゃんを尊重」「親子を尊重」は、
開業助産師としても、小児科外来勤務の看護師としても、土台となって支えてくれています。

いろいろな場面で親子の皆さまに、インファントマッサージのお話、触育のお話をしていきたいと思います。インファントマッサージ教室も1組1組丁寧に、を続けていきます。
インファントの種が多くの親子の皆さまに届いて、
芽が出て、花が咲き、実がなるように(^^)♡

明日は、
第1回 日本産前産後ケア・子育て支援学会 に参加です。
インファントの基本理念を胸に。
講演を聴いてきます!

この記事どうでしたか?ぜひ拍手をお願いします。
この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます。
インファントマッサージ教室